おむえす

脳に栄養を

コロナのエコキュートが故障した件

冷え込みが厳しくなり、帰宅して暖まりたいので給湯スイッチを押した。

 

が、反応がない。

 

というか、リモコンの表示部が無表示なのである。

 

ウンともスンとも言わないので、リモコンを取り外して電池交換かと見たのだが、電気式であったため、電源の問題ではない。

室内側のリモコンは手の付けようがないというか、故障する心当たりがないので浴室側のリモコンかと思った。

浴室のリモコンも表示部が無表示になっており、取り外しも出来ない。

説明書を引っ張り出し、エラーの対処法を探る。

室外の給湯器の漏電ブレーカーを確認するとのことであったため、暗闇の中本体の漏電ブレーカーを確認する。

 

落ちていない。

 

ということは、室内のリモコンの問題であろう。

工務店に連絡を入れる。

 

「サポートに連絡してくれ」

 

との返事。

 

そういうアフターサポートをそちらにお願いしたいのだが無情である。

 

一旦家自体のブレーカーを落としてみたのだが改善はされず、コロナのサポートに電話した。

www.corona.co.jp

365日24時間受付(夜間受付も対応)とのこと。

心強い。

夜でもお湯の心配がないわけだ。

携帯から連絡を入れるが、携帯電話からはフリーダイヤルが対応していない。

この辺りの仕組みはわからないのだが、携帯からも対応していただきたい。

 

年配男性が対応してくれた。

何となく、こういうコールセンターは女性が対応するところが多いため、少し戸惑いを覚えてしまった。

20時も過ぎていたので、夜間対応の当直の方なのかななど考える。

 

「リモコンの表示が出来なくなっていて、エコキューとの漏電ブレーカーも確認したのですが、落ちていませんでした。家のブレーカーも入れ直したけど、復旧しません」

 

『あ~、それは何らかの理由で漏電していますね』

 

「漏電ブレーカーは上がってましたけど…」

 

『そうですか。では、リモコンでしょうか。明日担当の者からご連絡差し上げます』

 

「明日になるんですか!?」

 

『全国の受付なので、ご連絡が明日になるんです。ご迷惑おかけします』

 

 

24時間受付対応であった。

なるほど。

仕事明けに連絡を頂くよう約束し、その晩はエコキュートに溜まっていたぬるま湯で体を流した。

寒い。

 

 

翌日、仕事終わりに約束通り連絡を頂き、修理に来てもらった。

室内のリモコンへ案内しようとしたのだが、まずは外の本体を見るとのこと。

雨の中見て頂く。

個人的にはリモコンだけと思うのだが…

 

ブレーカーをチェックし、基盤の通電をチェックされている。

 

すると

 

『原因がわかりました。ヤモリが基盤の裏に入ってショートしたみたいです』

 

基盤を取り外し、現物を見せてもらう。

基盤の交換になり室内で待っていてくださいとのこと。

基盤の交換…

おいくらぐらいになるのだろう。

 

待つこと15分。

 

ピピーッ

 

f:id:psycocoro:20171030124136j:plain

 

!!

 

おお。

 

通電した。

 

室内も確認してもらう。

浴室との通話の不具合が起きていたのだが、基盤交換で治っている。

 

『今回のケースはあってはならない事なので、無償交換になります。再び同じことが起こらないように対策もしています』

 

 

おおお。

ありがたい。

 

エコキュート本体だったら何十万かかるだろうかと危惧していたので、ホッと一安心。

対応が素早く、説明もしっかりしていた。

コロナの対応の評判は今一つだったので心配していたのだが、前評判にはそぐわぬきちんとした対応であった。

 

何かしらの不具合が生じた時はすぐにサポートに電話することをおすすめする。

修理日から暖かいお風呂に浸かれたのであった。