読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おむえす

脳に栄養を

聴く技術の4パターン

みなさんこんにちは

 

人の話を上手に聞くことは、人間関係を構築するうえで大切なことです。

自分の意見を述べることも同じように大切なのですが、今回は聴く技術についてお話します。

あなたは聞き上手でしょうか??

f:id:psycocoro:20170515213553j:plain

 話を聞くと一言に行っても、年齢や性別、関係性などで聞き方は違ってきます。

相手の話を聞くときは耳を傾けますね。精神科や心理の世界では「聴く」という表現を好みます。

 

これは「聞く」という漢字は音が入ってくるニュアンスであるのに対し、「聴く」は耳を傾けるというニュアンスを含んでいるからです。

 

つまり、相手の話は耳を傾ける「傾聴」が基本になるのです。

それぞれのパターンのすぐ使える技術を今回はお伝えします。

 

女性が男性の話を聴くとき

男性は知識や理論をベースに話を展開します。

得られた知識を披露したり、考えていることの整理に対して話をするのです。

話の目的は情報の交換であったり、議論であったりするのです。

女性としては、男性の話に興味があるような相槌を打つことが好ましいのです。

 

詳しく一つのことを掘り下げるので、途中でどうでもよくなってしまいますが、そこはグッと我慢して、「そうなんだね」「よく知っているね」と多用するとポイントが高いのです。

 

また、内容に対して質問をすると、さらに話が広がることでしょう。

決して否定したり、馬鹿にしてはいけません。

もし、違う意見をもっていたら、相手の意見を認めつつ、「私はこう思うよ」と伝えるとよいでしょう。

 

 

男性が女性の話を聴くとき

女性は感情をベースとして話を進めます。

何がどうだったかや、こんなもの見た、こんなことあった、こう感じた、などですね。

話をすること自体が目的なので、ちゃんと相槌を打っていれば大丈夫です。

時折確認されますが、「そうだと思うよ」や「難しいね」などの返事で概ね切り抜けられます。

あとは適度ににっこりしたり、一緒に悩んでみたりすれば大丈夫です。

脈絡がないように感じ、うるさく思えるかもしれませんが、女性の言語コミュニケーション能力は男性よりも高く、およそ4倍と言われているため、とにかく聴くことに徹しましょう

最後にねぎらいの言葉など入れるとベターです。

 

 

女性が女性の話を聴く

女性同士の話は、お互い話し続けることになります。

会話をしていることが目的なので、取り留めなく時間は過ぎていきます。

うまい話の聞き方は、相手を褒めることです。

適度に持ち上げておくと、話は弾み相手はいい気持ちになってくれます。

嫌味っぽい言い方などもよく出てくるのですが、反応せずに落ち着いて対処しましょう。

 

 

男性同士の会話

男性同士は目的遂行型です。

要件済んだら終わりがちです。

基本的に議論は好きなので、積極的に質問をしましょう。

データ重視なので、話の根拠や情報ソースを入れると話が深まります。

ついついヒートアップしがちですので、適度に引いて話を進めましょう