おむえす

脳に栄養を

正直者が馬鹿をみる三つの理由

社会に出てすぐに先輩から受けた忠告がある。

「フランクなのは君のいいところだけど、正直さが身を滅ぼすよ」

f:id:psycocoro:20170518004859j:plain

この言葉の通り、すぐに目の敵にする同僚が現れ、その執拗な怒りは退職するまで続いていた。

いまも原因はわからない。

ただ、感じたことをそのまま話してしまう性格だったので、何かしら怒りに触れたのであろうとは思っている。

予想としては、その同僚への感覚を他の同僚に話したことなのではないだろうか。

しかし、なぜ正直さが危機を招くのか。

これには、いくつかの理由があるだろう。

続きを読む

標準化と変化と

 

最初に働いた職場も病院であった。

今のような心理士の仕事ではなかったが、地域の中堅病院の総務事務として入職した。

時は「病院医療機能評価機構」といういわば高級官僚の天下り先とささやかれる認定機構が全盛期の時代であった。

当時はどこの病院も躍起になってこの認定を受けようと病院を改築し業務内容を洗い出した。f:id:psycocoro:20170517230310j:plain

続きを読む

悲しみを知った夜には

人間生きていれば辛いことはいくつもあるものです。

人に言えない悩みや、どうしようもできない悲しみを感じたとき、どのように過ごせば癒されるのでしょう。

おすすめの過ごし方をまとめてみました。

f:id:psycocoro:20170516212600j:plain

続きを読む

聴く技術の4パターン

みなさんこんにちは

 

人の話を上手に聞くことは、人間関係を構築するうえで大切なことです。

自分の意見を述べることも同じように大切なのですが、今回は聴く技術についてお話します。

あなたは聞き上手でしょうか??

f:id:psycocoro:20170515213553j:plain

続きを読む

苦しみを飲み込むカウンセリング

みなさんこんにちは

 

カウンセリングで何が起こっているのかと疑問に感じることがあると思います。

 

カウンセリングの目的は?

 

どうして効果があるの?

 

今回はカウンセリングで起こっていることの一つ、「飲み込む」ということについてお話ししたいと思います。

f:id:psycocoro:20170510233413j:plain

続きを読む

ジャムの選択

みなさん、こんにちは

 

最近、シーナ・アイエンガー著の「選択の科学」を読んでいます。

 

医療業界においてインフォームドコンセントがインフォームドチョイスに変化したのは、もうふた昔前ではないでしょうか。

 

選択の自由が自己肯定感や自己有用感に繋がることが書いてあります。

もちろん、想像通りですよね。

 

この本の面白いところは、選択肢が多すぎると自由さはなくなる、という部分です。

続きを読む

弱さにサヨナラを

激動の一か月でした。プライベートも仕事も大きな転換を迎え、気持ちを新たにし引き締めていきます。

 

先日、長崎県佐世保市にある「ハウステンボスリゾート」に行きました。

HTB|ハウステンボスリゾート

何とも牧歌的な雰囲気で、異国情緒あふれる景観に安らぎました。

アンブレラストリートを歩いていると、目の前をマーチングバンドが通っていきました。

f:id:psycocoro:20170508232040j:plain

 

続きを読む