読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おむえす

脳に栄養を

よいカウンセラーに出会うための3つのポイント

みなさん、こんにちは

 

カウンセリングはあなたの人生を豊かにするものです。そのための伴走者であり支援者であるのがカウンセラーです。1人で悩んで闇雲に頑張るよりも、カウンセラーと共に治療を進めると、問題は早く解決するものです。すこしでも疑問に思ったことは直接カウンセラーに尋ねてみることを忘れないようにしましょう。悩みの解決のためにカウンセリングを受けるのに、カウンセラーで悩んでしまっては本末転倒ですからね。

「あなたの感情」

「カウンセラーのことば」

「カウンセリングの主役」

この三点に注意して、いいカウンセラーを探してみて下さい。

詳しく説明します。

f:id:psycocoro:20170326013150j:plain

 ①あなたの感情

カウンセラーと出会ったときに、まずはカウンセラーの様子を観察してみて下さい。カウンセラーの出す雰囲気はどのようなもので、あなたは会った時にどんな気持ちを持つでしょう。カウンセリングを受けるとき、カウンセラーの態度が最初の判断材料になります。

 

もしあなたが怖いと感じるならば、そのカウンセラーは避けておいた方が無難かもしれません。あなたに何かを押し付けたり、指導しようとしたりしていることを、あなたが敏感に受け取っているのかもしれません。

反対に、カウンセラーに対して安心感を持てたり、なにも感じることがなかったりするのであれば、これから信頼関係が築けていいカウンセリングを受けることができます

 

②カウンセラーのことば

次に重要なのは、カウンセラーと相談を進めていく中で、相手がどのような返答をするかです。あなたは勇気を出してカウンセリングに臨んでいて、普通では話せないような自分の苦しみや悲しさをカウンセラーに相談しているのです。そのような内容に対して、カウンセラーはどのような口調で返事をするでしょうか。

子供の話を聴くようにやさしく返事をしたり、「よくわかる」と返事をしたりするようなカウンセラーであれば、少し注意が必要です。

あなたの体験はあなただけのとても貴重で重要な体験です。カウンセラーはそのことを念頭においてあなたの気持ちになるべく近づこうと努力をします。そのため、あなたとの気持ちを理解しつつも、あなたの体験として話を受け止めるものなのです。

 

しっかりと話を聴いてくれるカウンセラーは、「そうだったんですね」「それは○○だったでしょうか」「そのことについてもう少し詳しくお話してもらえますか」「その時どんな気持ちになりました」というようにカウンセリングを進めていきます。

 

カウンセラーがどのようなことばを使うのか注意して聞いてみて下さい。

 

③カウンセリングの進め方

カウンセリングが進んでいくと、そのカウンセラーの得意な療法であなたのカウンセリングが展開していくことになります。様々な分野と立場があり、どの技法が良いとは一概には言えず、あなたにあった心理療法をカウンセラーと共に模索していきます。

 

カウンセリングの目標はあなたが失った力を取り戻すことにあります。もし、カウンセラーが全ての指示をしてしまうならば、それはカウンセリングとは言えません。「○○するように」や「○○しなければいけない」といった指示ばかりであれば、それはあなたのためのカウンセリングでは無くなってしまっているので、別のカウンセラーを選ぶことをおすすめします。

 

カウンセリングの主役はあなたであることを忘れないようにしましょう。