読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おむえす

脳に栄養を

悲しみを知った夜には

人間生きていれば辛いことはいくつもあるものです。

人に言えない悩みや、どうしようもできない悲しみを感じたとき、どのように過ごせば癒されるのでしょう。

おすすめの過ごし方をまとめてみました。

f:id:psycocoro:20170516212600j:plain

 こらえきれない悲しみに対しては、いつもと違うことをすることが効果的です。

 

〇ドライブ

あてもなく車を走らせてみましょう。

夜の喧騒や暗い森のざわめき、海の風の香りがあなたの心をそっと撫でてくれます。

方角だけ決めてとにかく何も考えず走っていくと、驚くような出会いがあなたを待っています。

 

〇音楽を聴く

私たちの心を支えるものは音楽です。

静かに流れる旋律に耳を傾けてください。

あなたの気持ちを歌ってくれるシンガーをチョイスするのもいいでしょう。

一人じゃないんだという気持ちを思い出してくれます。

 

〇スコッチを傾ける

シングルモルトのスコッチをほんの少し、ストレートで舐めるように飲んでみてください。

スコットランドの力強い潮風があなたを包んでくれます。

チェイサーとして水を隣に準備しておいて、少しづつ喉を潤してみてください。

大人の悩みはたまにはこうして一人で飲み込んでいくのも悪くないものです。

 

〇映画を見る

映画には一つの人生が彩られています。

あなたの心の名画を見返してみてください。

あなたの心には勇気とほろ苦い思い出が満たされることでしょう。

今日みたこの映画はあなたに新たな意味をもたらしてくれるのです。

 

〇ドリップコーヒーを淹れる

コポコポと音を立てて落ちていく珈琲はあなたのわだかまりをつつんでくれます。

濃く、ゆっくりとドリップしていきましょう。

最後の一滴が落ち、あなたの代わりに涙を流してくれているかのようです。

淹れたコーヒーを外に出て飲んでみてください。

夜の空気と温かさがあなたの胸に流れ込んできます。

 

〇書き出す

あなたの今の気持ちを一枚の紙に書き綴ってみてください。

あなたの思考を整理するとともに、新たな答えが導き出されます。

本当の自分の気持ちに向き合ってみることで、悲しみを昇華させていきましょう。

 

〇料理する

必要な材料を準備し、少し手の込んだ料理を作ってみてください。

出来上がりを想像し、そこへの過程を一つ一つ丁寧に行いましょう。

普段は使わないようなスパイスなどを使い、きれいに盛り付けてみてください。

人は生きるために食事をします。

料理をすることはあなたが生き返るための秘訣なのです。

 

 

いかがでいたか。

体を動かすこと以外にもゆっくりとした時間を過ごすことが、あなたの悲しみを癒してくれることもあるのです。

あなたの時間をつくり、自分と対話してみてください。